「愛」届ける、ロミオとジュリエット 宝塚で8年ぶり、深み増した礼真琴

会員記事

[PR]

 宝塚歌劇星組「ロミオとジュリエット」が16日、東京宝塚劇場で開幕する。宝塚では8年ぶりの上演だ。かつて新人公演でロミオを演じた礼真琴(れいまこと)がトップとなって主演、舞空瞳(まいそらひとみ)がジュリエットを演じる。潤色・演出の小池修一郎は「レベルの高い2人で、コロナの苦境から次の時代へ向かうエネ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら