舞踏の歴史、変貌する東京の街と重ねて オンライン公演と写真展で一望

有料会員記事

[PR]

 土方巽(ひじかたたつみ)が創始し、大野一雄、麿赤兒、天児牛大らにその精神を継がれ、1960年代から絶えず世界中のアートシーンを触発し続けている舞踏。その歴史を、高度経済成長を経てエネルギッシュな変貌(へんぼう)を遂げてきた東京の街に重ね、写真の展示とオンライン公演で一望するフェスティバル「TOKY…

この記事は有料会員記事です。残り431文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【1/24まで】2つの記事読み放題コースが今なら2カ月間無料!