(コラムニストの眼)オバマ政権への皮肉 「古ぼけた」ジョーの進歩性 モーリーン・ダウド

有料会員記事

[PR]

 ジョー・バイデン氏は、オバマ政権の中心メンバーだったことは一度もなかった。

 2016年、20年という大統領選の年の初めに、オバマ政権のやり手に「バイデンがふさわしい候補者になる」と言えば、見下すように「まあ、そういう考え方があるのも理解はできる」と答えただろう。

 このメッセージは明白だ。バイデ…

この記事は有料会員記事です。残り2094文字有料会員になると続きをお読みいただけます。