ANA機内食、エコ容器へ切り替え 国際線エコノミー、植物由来に

有料会員記事

[PR]

 全日本空輸は15日、機内食のプラスチック容器を植物由来に切り替えると発表した。対象は、国際線のエコノミークラスで主菜を盛り付けている容器。8月から順次変えていく。

 新しい容器は、サトウキビから砂糖をつくった後のしぼりかすを再利用している。主菜の容器をめぐっては、ビジネスクラスやファーストクラスで…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。