受精卵の核移植、容認 ミトコンドリア病研究、限定

有料会員記事

[PR]

 人の遺伝情報が含まれる受精卵の核を、第三者の受精卵や卵子に移植する「核移植」が限定的に認められることになった。遺伝性の難病「ミトコンドリア病」の基礎研究が対象となる。政府の生命倫理専門調査会が15日、文部科学省の新たな指針案を了承した。病態の解明や治療法の開発につなげるねらいがあるが、倫理的な課題…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。