(現場へ!)神社本庁を考える:5 事件の八幡さま、起死回生へ

会員記事

[PR]

 東京・深川の富岡八幡宮は神社本庁ゆかりの神社だ。終戦の混乱期に宮司だった富岡盛彦は神社界の立て直しに奔走し、後に神社本庁事務総長を務めた。

 その境内で、孫の前宮司・富岡長子(ながこ)が弟の元宮司・富岡茂永に待ち伏せされ、日本刀で斬り殺される事件が2017年末にあった。

 「こんなときだからこそ…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら