(ひもとく)歴史に刻む、3・11 10年を点検、課題浮き彫りに 戸邉秀明

有料記事

[PR]

 東日本大震災から10年。体験の風化が危ぶまれる今、地震や津波と原発事故が襲ったあの災害以降、今日までの経過全体を捉え返す時に来ている。節目の報道だけでなく、歴史として何を刻むべきか。この半年の出版物に絞ってひもといてみたい。

 政府の復興構想会議の中心メンバーらによる『総合検証 東日本大震災からの…

この記事は有料記事です。残り1425文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント