(多事奏論)ドブさらいで考えた 「隣人」になる心地よさ 近藤康太郎

会員記事

[PR]

 《溝浚(みぞさら)へして隣人となりにけり 中村正幸》

 溝浚へ、つまりドブさらい。下水が発達していなかったころ、隣近所が協力してドブをさらい、夏の悪臭を防いだ。

 百姓も、田植え前は丁寧に溝をさらう。長崎・旧田結村で、わたしは棚田を耕している。今年は耕作放棄地を新たに開墾し、当初の10倍に増やし…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら