国と企業、無責任連鎖 COCOA不具合放置 厚労省検証

会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染者との接触を知らせるスマートフォンアプリ「COCOA(ココア)」の不具合が4カ月以上、放置された問題で、開発を担った厚生労働省による検証報告書が16日公表された。厚労省の人材不足や業者任せの対応に加え、厚労省、事業者双方の無責任な「思い込み」が連鎖し、不具合が見逃された。

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら