風評被害「迅速に賠償」 東電社長が表明 処理水放出

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発の処理水を海に流すことについて、東電の小早川智明社長は16日、福島市内で会見した。風評被害が起きた場合、期間や地域、業種をあらかじめ限定せずに、損害を迅速かつ適切に賠償するとした。「被害者に極力負担をかけないよう柔軟に対応する」という。海洋放出に向けて工事の計画などをまとめ、原…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。