(TOKYO2020+1)応援、206の「ありがとう」 五輪おじさんの思い胸にサイト作成

有料会員記事

[PR]

 ■開幕まで97日

 都内でIT会社を経営する石川恭子さん(51)は、仕事用ともう1枚、別の名刺を持ち歩いている。羽織袴(はかま)姿の自身のイラスト付きで、肩書は「国際オリンピック副応援団長」。1992年のバルセロナ大会から夏季五輪を現地で応援、と自己紹介文も添えた。

 街全体が人種のるつぼのよう…

この記事は有料会員記事です。残り588文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら