熊本「本震」5年、祈る・語り継ぐ

有料会員記事

[PR]

 観測史上初となる2度目の震度7を記録した熊本地震の「本震」から16日、5年が経った。熊本県内では発生時刻の未明から、遺族やゆかりの人たちが犠牲者を悼み、被害を語り継いでいくことを誓った。

 住宅6千棟以上が全半壊した益城(ましき)町では、東無田(ひがしむた)集落の神社に16日夕、住民らが集まり、紙…

この記事は有料会員記事です。残り307文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら