入管収容中死亡、真相解明求める スリランカの遺族会見

会員記事

[PR]

 名古屋出入国在留管理局で3月、収容中のスリランカ国籍の30代女性が死亡した問題で、女性の母親ら遺族3人が16日、オンラインで記者会見を開いた。「どうして娘が亡くなったのか、警察などがきちんと調べ、明らかにしてほしい」と訴え、真相解明と情報開示を求めた。

 遺族らによると、亡くなったのはウィシュマ・…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら