(社説余滴)結婚と平等、賽は投げられた 井田香奈子

有料記事

[PR]

 国内で結婚という形を選べるのは、異性間のカップルだけだ。そこに司法が大きな疑問を投げかけた。

 札幌地裁が先月、結婚に伴う保護を同性愛者が得られないのは憲法の法の下の平等に違反すると判断した。同性婚を求める人たちが起こした裁判は東京、大阪など5カ所で進むが、第1弾となったこの判決には、同性婚をめぐ…

この記事は有料記事です。残り720文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!

連載社説余滴

この連載の一覧を見る