(大志 藤井聡太のいる時代)番外編 「将棋を食べてるようだ」西の熱血幹事は思った

有料記事

[PR]

 「自分があれだけ叱って鍛えた子たちを、一人の天才がごぼう抜きにしてしまう……。そんな空しさを感じましたね」

 棋士養成機関「奨励会」で関西の熱血幹事と称された畠山鎮(まもる)(51)の言葉だ。「天才」とは藤井聡太(18)のこと。藤井がデビューから負け無しで29連勝を達成した当時の心境という。

ここから続き

 畠…

この記事は有料記事です。残り677文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント