(気候危機)再生エネ目標策定は3割 「CO2実質ゼロ」宣言の261市区町村 朝日新聞社・一橋大調査

有料会員記事

[PR]

 ■Covering Climate Now

 2050年までに二酸化炭素の排出を実質ゼロにすると宣言した自治体(ゼロカーボンシティ)のうち、市区町村で太陽光や風力など再生可能エネルギーの導入目標を持つのは約3割にとどまることが、朝日新聞や一橋大学などの全国調査でわかった。ノウハウや財源の不足、住…

この記事は有料会員記事です。残り1269文字有料会員になると続きをお読みいただけます。