(天声人語)子どもが担うケア

有料会員記事

[PR]

 作家の川端康成は中学生のころ、祖父の介護をしていた。寝たきりの祖父との日々を書き留めたのが『十六歳の日記』である。学校から帰ると、寝返りをうつのを助け、しびんをあて、茶を飲ませる▼川端は早くに両親を亡くし、祖父母に引き取られた。祖母も失った後、祖父の病を案じながら世話をするが、夜も起こされる生活は…

この記事は有料会員記事です。残り461文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載天声人語

この連載の一覧を見る