(地域発)群馬県から 理想の納豆、粘り強く究める 38歳「職人」、耕作からデザインまで

有料会員記事

[PR]

 「納豆職人」。名刺にはそう書いてある。理想の納豆を追い求めて、畑の耕作から大豆の生産、製造からパッケージのデザインまでを手がける会社が前橋市にある。

 「納豆づくりの奥深さに魅せられた。究極の納豆をめざしたい」と、上州農産の専務、松村徳崇(のりたか)さん(38)。

 元々は東京の広告会社に勤めるデ…

この記事は有料会員記事です。残り469文字有料会員になると続きをお読みいただけます。