(声)若い世代 学校との「縁」強く感じる春

有料会員記事

[PR]

 高校生 落合利保(神奈川県 17)

 学校の宗教の授業で遠藤周作女の一生 サチ子の場合」を学んだ。長崎で布教活動をしていた神父が、ポーランドに帰国した際ナチスに捕らえられ、見せしめの処刑に選ばれた囚人の身代わりになり独房で命を落とした話だ。私は、授業中にもかかわらず泣いてしまった。ハンカチで拭っ…

この記事は有料会員記事です。残り222文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら