(患者を生きる:4128)義足のランウェー:2 細胞が壊死、続く痛み

会員記事

[PR]

 あまりの痛みに体をくねらせながら、顔が思わずゆがむ。2014年2月、小学6年生だったモデルの海音(あまね)さん(19)は病床で点滴を受けながら、痛みと闘っていた。

 免疫の異常で血管が炎症を起こす難病「多発血管炎性肉芽腫症(たはつけっかんえんせいにくげしゅしょう)」と診断され、激しい痛みに襲われた…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら