(天声人語)コンコルドの誤り

有料会員記事

[PR]

 1970年代、夢の旅客機として登場した超音速機コンコルド。その開発の経緯をめぐって「コンコルドの誤り」という言葉がある。英仏両国が共同開発に乗り出したが、採算の取れる見込みが薄いことが途中で判明する▼それでもすでに多額の投資をしたのだから後には引けないと、事業は止まらなかった。結局、商業的には失敗…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

連載天声人語

この連載の一覧を見る