(美の履歴書:693)「ホルの外棺」 作者不詳 呪文と神を描いたわけは

会員記事

[PR]

 会場中央にずらりと立て並べられた古代エジプトの木棺(もっかん)群。中でもひときわ色使いが華やかな棺(ひつぎ)の一つが、本作「ホルの外棺」である。被葬者のホルは後期王朝時代の第25王朝の神官で、神殿領の執事も務めていた。

 展覧会の監修者である中野智章・中部大学教授(エジプト学)によると、来世で永遠…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら