(ニュースQ3)トリチウムのキャラ化物議、復興相が謝罪

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発放射性物質トリチウム」を含む処理水をめぐり、復興庁が安全性をPRするなかに登場したキャラクターが物議を醸した。「ゆるキャラ」のような見た目に、SNSなどで「問題を矮小(わいしょう)化している」などと批判があがり、公開翌日に削除される事態に。20日には平沢勝栄復興相が謝罪し…

この記事は有料会員記事です。残り1167文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載ニュースQ3

この連載の一覧を見る