(てんでんこ)荒浜小の子はいま:2

有料会員記事

[PR]

 ■交わした母との約束、自信胸に一歩

 4月1日、仙台市中心部のビルで渡辺拓海(22)は真新しいスーツに身を包んでいた。防災設備などを扱う商社の入社初日だ。「俺、がんばるよ」。心の中で母に誓った。

 同市若林区の荒浜地区にあった実家は、東日本大震災の津波で全壊。母千晴(当時37)や祖父文彌(同64)…

この記事は有料会員記事です。残り648文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載てんでんこ

この連載の一覧を見る