英語民間試験・記述に消極論 大学入試見直しで有識者会議

有料会員記事

[PR]

 大学入試のあり方を議論する文部科学省の有識者会議が20日にあり、2025年以降の大学入学共通テストで英語民間試験を活用することについて、見送りを求める意見が大勢を占めた。これまでの議論では、共通テストの国語と数学での記述式問題導入についても消極論が多く、入試改革のかつての二大看板は当面実施されない…

この記事は有料会員記事です。残り241文字有料会員になると続きをお読みいただけます。