鉄道「時間帯運賃」、国も検討 通勤帯の値上げ念頭

有料会員記事

[PR]

 国土交通省は、需給に応じ時間帯などで価格を変える「ダイナミックプライシング」を鉄道運賃に導入できないか検討に入った。混雑する通勤時の運賃を高く設定したり、すいている日中は値下げしたりして、乗客を分散させる効果を狙う。コロナ禍での感染防止につなげる狙いだが、時差通勤ができない人には値上げになる可能性…

この記事は有料会員記事です。残り614文字有料会員になると続きをお読みいただけます。