映画にもっと字幕を、願い描いた 聴覚障害の漫画家「作り手に声届けたい」

有料会員記事

[PR]

 「きこえにくい映画とお笑いの話」。大阪市在住のギャグ漫画家が3月、ツイッターでこんな短編を公開した。聴覚障害があり、好きな映画やテレビ番組にもっと字幕を付けてほしいとの願いを、いつもと違うシリアスなタッチで明かした。反響が広がっている。

 大阪府吹田市出身の藤岡拓太郎(たくたろう)さん(31)…

この記事は有料会員記事です。残り1787文字有料会員になると続きをお読みいただけます。