郵政、豪物流事業を売却 特損674億円を計上 豪ファンドに7億円

有料会員記事

[PR]

 日本郵政と子会社の日本郵便は21日、傘下の豪物流大手トール・ホールディングスの主力事業の一つを、豪ファンドに約7億円で売ると発表した。売却にともない、日本郵政は2021年3月期に674億円の特別損失を計上する。

 日本郵政成長戦略の「柱」として、トールを15年に約6200億円で買収していた。トー…

この記事は有料会員記事です。残り962文字有料会員になると続きをお読みいただけます。