(経済季評)最低賃金引き上げの意義 人として生きる費用必要 竹内幹

有料会員記事

[PR]

 菅義偉首相は3月、非正規労働者の処遇改善に向けて、「最低賃金をより早期に全国平均千円」に引き上げたい、と発言した。筋金入りの市場原理主義者だった故・フリードマン教授ならば、こう酷評するだろう。「最低賃金法でなにかが変わるとでもいうなら、貧困を悪化させることだけは確かだ」。多くの経済学者は最低賃金法

この記事は有料会員記事です。残り2007文字有料会員になると続きをお読みいただけます。