自民「早期に修正」強調 公選法ミス放置、罰則無くなる 野党側、責任を追及

有料会員記事

[PR]

 2018年に改正された公職選挙法の条項の一部に、本来あるはずの罰則が記載されないという誤りが2年以上も放置されていた問題で、当時改正を主導した自民党は早期に修正したい考えを強調した。これに対し、野党側は採決を強行した与党にも責任があるとして、誤りが放置された経緯などを詳しく説明するよう求めている…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。