(インタビュー)時間感覚、失われても 文筆家・樋口直美さん

有料会員記事

[PR]

 昨日と5日前の区別がつかない。近所の道なのに急にわからなくなる。50歳で「レビー小体型認知症」=キーワード=との診断を受けた樋口直美さんは、自分の認知機能の変調を自ら観察し、執筆や講演を通じて世の中に伝えている。当事者自らが表現する心理や症状には、医学の診断とは異なる姿が見えてくる。

 ――50…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。