(声)原発再稼働、将来の子孫どう判断

有料会員記事

[PR]

 大学教員 速水良晃(福岡県 69)

 再稼働で原発の安全性が議論され、30キロ圏内の住民の同意も得るべきであるという意見が広がっています。立地自治体の住民の多数が地域経済の回復を強く望んだ場合は、再稼働へ流れてしまうようです。

 しかし、原子力エネルギーは、多量の放射性物質の無害化が現実的に不可能…

この記事は有料会員記事です。残り339文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る