(声)暗闇の中、光を探し見つけた兄

有料会員記事

[PR]

 会社員 石村知玄(静岡県 36)

 2020年8月14日、兄は37歳にして突然、余命2カ月、薬が効いても半年持つかどうかと、医者に告げられた。膵臓(すいぞう)原発の全身転移、末期がんであった。前日までバリバリ仕事をこなしていた現役の大学病院に勤務する看護師だった。

 告知後、いつものような元気な声…

この記事は有料会員記事です。残り226文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載

この連載の一覧を見る