脱炭素の大波 原発「復権」へ動き/省エネ規制強化も

有料会員記事

[PR]

 温室効果ガスを2030年度までに13年度比で46%削減するという政府の新たな目標は、「26%削減」という従来の目標を大幅に上回る。それだけに、実現には、電源構成の見直しや省エネの取り組み、二酸化炭素(CO2)を多く出す産業の構造転換など、幅広い分野で大きな変化が求められる。▼1面参照

 削減目標…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。