ドリトル先生 ガラパゴスを救う:20 福岡伸一 イギリスの野望 6

会員記事

[PR]

「ビーグル号の出航には、何か軍事的な意図があるということでしょうか」

 私が尋(たず)ねると、ドリトル先生は言いました。

「まちがいない。新しい領土や軍事拠点(ぐんじきょてん)を探す旅だ。困ったことに、ガラパゴス諸島はいまのところどこの国の領土でもない。

 もちろん、島は本来、そこに暮らす生き物たち…

この記事は会員記事会員記事です。無料会員になると月5本までお読みいただけます。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら