(社説余滴)日韓を覆う「演説不作」 箱田哲也

有料会員記事

[PR]

 鳴り物入りの訪米を果たした日本のトップは、世界の耳目を集めた共同記者会見でも「メモ読み」を貫いた。機微に触れる質問の回答が漏れたのは、事前通告に慣れすぎたゆえか。

 個人の訥弁(とつべん)をあげつらおうというのではない。改めて憂えるのは政治家の言葉の貧弱さである。海の向こうから聞こえるスピーチはま…

この記事は有料会員記事です。残り750文字有料会員になると続きをお読みいただけます。