対中国「関与政策ほぼ失敗」 トランプ政権で「競争国」規定指針執筆者

有料会員記事

[PR]

 中国を「唯一の競争相手」と位置づけ、強硬姿勢をとるバイデン米政権。その起源は中国を「競争国」と規定したトランプ政権の外交安全保障の指針「国家安全保障戦略」(NSS)にある。その主要執筆者、ナディア・シャドロウ元米国家安全保障問題担当大統領次席補佐官が朝日新聞の取材に応じ、「関与政策はほとんどの部分…

この記事は有料会員記事です。残り1636文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら