中国、強襲揚陸艦が就役 南シナ海や台湾での運用、想定か

有料会員記事

[PR]

 中国軍初の強襲揚陸艦が23日就役し、海南省三亜の軍港で習近平(シーチンピン)国家主席が出席した式典が開かれた。中国国防省が発表した。空母に似た甲板や揚陸艇の格納庫を持ち、中国軍の上陸作戦遂行能力を大幅に向上させることになる。南シナ海の諸島や台湾での運用を想定した配備とみられるが、沖縄県尖閣諸島の防…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。