スーチー氏に触れず、ミャンマーで失望感 暴力停止は要求 ASEANが声明

有料会員記事

[PR]

 クーデターで国軍が権力を握ったミャンマー情勢について協議した東南アジア諸国連合ASEAN)首脳会議の成果をめぐり、ミャンマー国内で評価が交錯している。一定の前進と評価する声がある一方、拘束されたアウンサンスーチー氏らの解放要求が合意に含まれなかったことに失望も広がっている。

 24日の会議後に発…

この記事は有料会員記事です。残り340文字有料会員になると続きをお読みいただけます。