エルサレムで緊張高まる 治安当局とパレスチナ側

有料会員記事

[PR]

 ユダヤ教、イスラム教、キリスト教の聖地があるエルサレム旧市街付近で、イスラエルの治安当局とパレスチナ人の対立が続いている。緊張緩和を模索する動きも出ているが、パレスチナ側は反発を強めており、対立の激化も懸念されている。

 緊張が高まっているのは、イスラム教のラマダン(断食月)が始まった今月中旬以降…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。