体温測定、6割超「増えた」 タニタ調査

有料会員記事

[PR]

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、体温を測る機会が「非常に増えた」「やや増えた」という人が65・8%に上ることが健康機器メーカー「タニタ」の調査でわかった。一般的に体温計を使う際に適切な室温は10~40度程度とされているが、こうしたことを「知っていた」とする人は14・6%にとどまり、タニタは適正…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。