ANAの排出量「50年実質ゼロ」 日本航空に続く 二酸化炭素

有料会員記事

[PR]

 ANAホールディングスは26日、グループ全体の二酸化炭素(CO2)排出量を、2050年に実質ゼロにする目標を発表した。中間目標として、30年度には飛行機が運航時に出す排出量を19年度よりも減らし、それ以外の排出量も19年度より3分の1以上減らす。

 国際民間航空機関は航空各社に、CO2排出量を19…

この記事は有料会員記事です。残り208文字有料会員になると続きをお読みいただけます。