トヨタ採用、ソフト系倍増 22年新卒 自動運転など開発

有料会員記事

[PR]

 トヨタ自動車は、2022年春入社の新卒採用で、技術系の社員に占めるソフトウェア系の人材の割合を、21年入社の約2倍に高めることを明らかにした。自動運転などの次世代技術や新サービスの開発が急速に進むなか、こうした新領域に専門性を持つ人材の獲得に力を入れる。

 技術系の採用ではこれまで、車のエンジンや…

この記事は有料会員記事です。残り442文字有料会員になると続きをお読みいただけます。