(ニュースQ3)「#教師のバトン」惨状訴える声あふれる

有料会員記事

[PR]

 教師の仕事の魅力を広め、減少が続く志望者を増やそうと、3月末に文部科学省が始めた「#教師のバトン」プロジェクト。ねらいとは裏腹に、ツイッターには長時間労働などの「惨状」を訴える叫びがあふれている。なぜなのか。

 ■待遇改善求める

 〈びっくりしたんです! 19年間続けた小学校教員を辞めたら、7時…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。