五輪、看護師500人要請 組織委、看護協会に

有料会員記事

[PR]

 東京五輪パラリンピックの大会中の医療スタッフとして、大会組織委員会が日本看護協会に対し、看護師500人の派遣を要請した。26日、組織委の武藤敏郎事務総長が理事会後の記者会見で明らかにし、「地域医療に悪影響を与えないのが大前提。勤務時間やシフトのあり方を相談しながら、最も対応可能な方法を考えたい」…

この記事は有料会員記事です。残り209文字有料会員になると続きをお読みいただけます。