(ロゴ散歩)見えない気合を、視覚化する

有料会員記事

[PR]

 国宝、重文を含む刀剣類、刀装具を多数所蔵する刀剣博物館は日本刀文化の普及を目的に、1968年に東京・代々木に開館した。建物の老朽化などに伴い、2017年に両国に移転し、ロゴマークもこの時つくられた。

 デザインを担当した矢萩喜從郎さんの出発点は「見えない気合を視覚化する」。刀剣の鋭い切れ味をマーク…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

連載ロゴ散歩

この連載の一覧を見る