ドンキ前社長、執行猶予判決

有料記事

[PR]

 ディスカウント大手「ドンキホーテホールディングス(HD)」株の公開買い付け(TOB)をめぐり、TOB公表前に自社株の購入を知人に勧めたとして金融商品取引法違反(取引推奨)の罪に問われたドンキ前社長・大原孝治被告(57)に対する判決が27日、東京地裁であった。守下実裁判長は懲役2年執行猶予4年(求刑…

この記事は有料記事です。残り104文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント