処理水風評対策の支援室

有料会員記事

[PR]

 東京電力福島第一原発の処理水を海に流すことに伴う風評被害に対応するため、経済産業省は27日、省内に「処理水損害対応支援室」を設けたと発表した。

 支援室は23人体制。政府の基本方針では、風評被害が起きた場合、期間や地域、業種を限定せず、被害の実態に見合った賠償を実施することや、被害者側に一方的な立…

この記事は有料会員記事です。残り54文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【締め切り迫る!】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら