(けいざい+)航空会社の脱炭素:中 新燃料争奪戦、出遅れた日本

有料会員記事

[PR]

 「SAF(サフ)」

 聞き慣れないこの言葉はいま、航空会社が脱炭素を進めるうえで、大きなカギを握るとにらむ新燃料の名称だ。廃棄物や廃油、植物などからつくられ、通常の燃料より二酸化炭素(CO2)の排出量を5~8割削る効果があるとされる。その争奪戦がいま、世界レベルで熱を帯びている。

 「なんとか売っ…

この記事は有料会員記事です。残り949文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら