米、イスラエルとすきま風 バイデン政権、イランと対話路線に

有料会員記事

[PR]

 トランプ前政権下では「蜜月」と言われた米国とイスラエルの関係が冷え込んでいる。米国がイランとの核合意への復帰を目指すことに、イスラエルが反発しているためだ。互いに同盟関係を悪化させるのは得策ではないなか、落としどころは見えていない。

 イスラエルメディアによると、イスラエルで安全保障を担う主要幹…

この記事は有料会員記事です。残り1133文字有料会員になると続きをお読みいただけます。